エピソード08 - パフォーマンス

スピード・エモーション

アレッサンドロ・ヴァリアのインタビュー、ドゥカティ公認テスター。

Ducati Superleggera V4は、近代モーターサイクル工学が実現しうる最高の形です。夢を実現するものです。それは材料力学と工学における革新的な研究の成果です。サーキットでテストし、ライダーが最高のエモーションを実感できてはじめて、モーターサイクルを完成させるための探究が終わります。

この点について、ドゥカティ公認テスターであるアレッサンドロ・ヴァリアのに話を伺いました。

「それはとても強い感情です。終わることのない最高の感動です。何よりも、これほど重要なプロジェクトに携わることができたという誇りです。そして、卓越したテクノロジーとメカニカルを、市販バイクではあり得なかった高性能に変換する作業に、全精神を注ぎ込む使命感です。」

ドゥカティのデザイナーとドゥカティ公認テストライダーであるアレッサンドロ・ヴァリアとのコラボレーションは、並外れたフィーリングを生みだします。ダイナミクスの取り組みとコンポーネントの再設計によって、これまで実現されなかったシャーシバランスが実現されています。極めて複雑な技術機器は、ライディングを簡素化するために利用されています。

「最初のアプローチはまさに衝撃でした。まず始めに、ムジェロ・サーキットのピットを出て最初のコーナーまで来たとき、通常より軽いブレーキングで済むことに気づきました。そして、マシン自体が自律してコースラインを移動していく傾向があることが、はっきりと感じられます。これは非常にまれな特性です。これによってライダーは安心感を得られるため、技術ツールについて頭を巡らせる必要がなく、自分のライディングスタイルにだけ集中することができます。

シャーシの開発は、並外れた結果をもたらしました。驚くほど滑らかな方向転換が可能なのです。」

 

 

安定性が高められることで、俊敏性も高められます。エアロダイナミクスの研究開発の結果、ウィング部品によって与えられる垂直荷重が車両を地面に密着させ、パワーデリバリー時に過剰でないトラクション制御を可能にします。

「このモーターサイクルの加速能力は衝撃的です。けれど、そうした激しさを感じさせない特徴は、車両を思うままにコントロールできるという絶対的な安心感です。このエアロダイナミクス・パッケージによって、特にコーナー出口で、車両がウィリーすることを恐れずにスロットルを全開できます。

フルスピードで走り抜けるスロープが連なるアルガルヴェ国際サーキット(ポルトガル)のテストで、ウィング部品の効果がより明白になりました。何よりも、マシンが自然とウィリーしがちになる直線コース前の上りにおいて、マシンは全く乱れることなく安定して路面に密着し続けるのです。この安定性があるからこそ、重要な局面でスロットル全開が可能になります。」

 

 


垂直荷重は、「再定義されたパフォーマンス」というドゥカティならではのアプローチに基づいて、いつでも自分を最大限に表現できるというライダーの自信につながる安全への安心感を高めてくれます。

「GPマシンやSBKマシンに乗ったとき、驚くほど運転しやすいというのが第一印象です。新型Superleggera V4でも、これと全く同じ印象を感じることができます。同時に、極限かつ直観的なマシンでもあります。すべての加速とすべてのブレーキングで限界を超える感覚を追い求めるライダーのためのマシンです。

私が最も魅力を感じるのは、マシンが与えてくれる安心感です。驚異的なパワーウェイトレシオを実現していながら、機敏性と直観的な性質は保たれています。まさにライダーが自分自身を最大に表現できるように設計されたマシンです。ムジェッロ・サーキットのテストで、このマシンが出した周回記録は「1.52:45」です。これは、ピッロ選手がPanigaleに乗り、CIV SBKで勝利したときのラップタイムに遅れることわずか2秒のタイムです。さらにSuperleggera V4は、公道走行可能な車両です。ですから、私が記録タイムを出した日、ムジェッロにいたGPチームのメカニック達に挨拶するのに、クラクションを鳴らすこともできたのです。メカニック達の表情があなたにも想像できるでしょう。」

 

 

この車両の開発のためだけに、15回を超えるトラック・セッションが実施されました。各セッションで複数のマッピングがテストされ、ダイナミクスとエンジンのキャリブレーションが限界まで改善されました。

「エンジン・マネジメントの開発に多大な注意を払い、スロットルグリップとパワーデリバリー・レスポンスの最適な関係を見つけるべく取り組んできました。他にはない唯一のキャラクターをこのマシンに持たせたかったからです。そして、私達はそれを成し遂げました。

このマシンのライディングは、まさしく夢の実現です。トップレベルの機敏性。キャラクターに満ちたパワー。ライダーはスピードのピュア・エモーションだけを感じられます。」